みなべ町商工会女性部 みなべ町商工会女性部トップページへ みなべ町商工会へのお問い合わせは
活動ショップ紹介年間カレンダーキャンペーン情報ページ
       
女性部の活動記録 

2013/02/17
一粒の梅干しと、南部梅林、岩代梅林の入場割引券などを入れたパンフレットを450部用意しました。

2013/02/16
JR南部駅では梅茶のサービスをさせていただきました。

2013/02/16
梅干は白干しを使用しました。熱いお番茶とお箸を添えて・・・つぶしながら飲んでみてくださいね。

2013/02/16
おーなかなかうまいのー   わはは。 ほんと、ほんと。

2012/12/13
みなべ町商工会女性部寄せ植え講習会

2012/12/13
みなべ町商工会女性部寄せ植え講習会

2012/12/13
南天の葉が美しい。みなべ町商工会女性部寄せ植え講習会

2012/12/13
商工女性部きってのべっぴんさんを思わずパチリ!

2012/12/13
「花・ふれーむmini」植物で描く立体絵画、お正月バージョン。毎回、「おっ」と思わせて下さる講師先生です♪

2012/12/13
手際よく作品を仕上げてゆく部員さんたち。

2012/12/13
「花・ふれーむmini」植物で描く立体絵画、お正月バージョン。ミニ専用イーゼルスタンドに飾っていますね。イーゼルはその他諸々に使えそうでナイスな感じがします。

2012/12/13
よ〜くご覧下さい。背景が金色で、少し赤が見えています。余談ですが、ことし1年の世相を漢字ひと文字で表す、「今年(ことし)の漢字」は「金」の字が選ばれたそうです。山中伸弥さんのノーベル賞受賞や、ロンドンオリンピックでの日本選手の活躍また、「東京スカイツリー」の開業など数多くの金字塔が打ち立てられたことを理由に挙げているそうです。

2012/09/19
宝永5年(1708年)
沖津浪 われてしづけし鹿島なる 神の御池の 深きめぐみに
この歌は、山内重賢という人が鹿島神社に奉納した御宝前(宝永地震津波の記)にあるそうです。

2012/09/19
大宝元年(701年)
三名部の浦 潮な満ちそね 
鹿島なる  釣りする海女を 見て帰り来む
「万葉集 巻九の一七一六」
むかしむかしのそのまた昔、持統上皇、文武天皇の一行が牟婁の湯(現在の白浜湯崎温泉)に行幸されたときに歌われた歌の中の一つだそうです。

2012/09/10
商工会女性部役員研修 鹿島散策
みなべの浦にまつわる悲恋物語を読み聞かせていただきました。

2012/09/10
「観音御霊石」という「要石」
鹿島の下には地震をおこす神(なまず?)がいるそうな。この「要石」は鹿島明神様が初めて鹿島に鎮座したときに座られた石とかで、ともすれば暴威をふるうなまず殿を上から押さえつけているのだそうです。

2012/09/10
鹿島を襲う台風などの嵐にも負けず立派な姿の戦勝観音様です。大事なスポーツの試合前にはお参りに来る人もいらっしゃるとか。

2012/09/10

2012/09/10
その昔、鹿島から光の玉が現れ、その光が大地震からくる津波の被害から村を救ったと伝えられています。
商工会女性部役員研修鹿島散策

2012/09/10
かつては自生していたオオタニワタリだそうですが、今は地元の方が植え込みを行っているそうです。

2012/09/10
鹿島に渡るとこの看板に出会えますよ。

2012/09/10

2012/09/10
今日案内してくれた語り部さんが長岡翁の言葉で感銘を受けたという言葉を紹介させていただきます。『信用とは命の次に大切だ。お金の値打ちは百円は百円だけだが、信用を得たらお金は無くとも千金万金の値打ちがある。お金は大切にして信用を高める事に努力をしなければ立派な商売人にはなれない。』  この写真は長岡翁記念碑なのですが字が読めるでしょうか。

2012/09/10
平敦盛の塚の前にて。笛の名手であり、おじい様が鳥羽院より賜った『青葉』という笛を譲り受けたそうです。平家一門として一ノ谷の戦いに参加しましたが、源氏の奇襲を受け騎馬で退避用の船まで逃げようとしたところ、大事な笛を忘れた為取りに戻り、結果として源氏の武将に倒されました。この時首を切ろうとした武将が顔を見るとあまりの美男(イケメン)であったので躊躇したのだとか。平家のあっちゃんは彼を助けようと名を聞く武将に「お前のためにはよい敵だ、名乗らずとも首をとって人に尋ねよ。すみやかに首を取れ」と答えたそうです。

2012/06/08
「6月6日は梅の日」とは、天文14年4月17日(現在の6月6日)に賀茂神社例祭において後奈良天皇が梅を献上したという故事にちなんでいるそうです。紀州梅の会が提唱して生まれた6月6日梅の日に、各地で紀州梅のPR活動が行われているそうです。

2012/06/08
この日の販売分は商工会分所とあわせて先着300人に一人1セットとあって午前9時の販売開始を前に午前8時ごろから続々とお客様が訪れ約1時間で完売したそうです。

2012/06/08
ちょうどこの日は金星が太陽の前を通過する現象が見られるそうで、みなべ町はお天気も良く暑いくらいでした。見逃した人は次回をお楽しみに。といっても次に観測できるのは105年後の2117年12月11日だそうです。見ることはできなくてもちゃんと日まで計算できるなんてスッ・ゴーイです。

2012/06/08
「梅ジュースを牛乳で割るとヨーグルトみたいで美味しく、凍らせるとシャーベットにもなります。そんな事をこの機会にお伝えし、少しでも梅の消費につながってほしい。」そんな願いを込めて。。。

2012/06/08
女性部手作りの梅ジュースです。

2012/06/08
梅の日 梅ジュースふるまい

      

FAXで情報をお寄せください。
みなべ町商工会女性部 FAX 0739-72-5360 まで

 

Copyright 2009 みなべ町商工会女性部 ALL RIGHT RESERVED.